LEDから発せられるブルーライトの危険性

ブルーライトというのは、目に見える光のなかと目に見えない光の中に含まれる、紫外線よりの青い色をしたものです。青い色は目の水晶体を突き抜けてそのまま網膜へ届いてしまうため、長い時間ブルーライトに目が晒されるとも上手くに悪影響を及ぼすのではないかと言われています。

ブルーライトの仕組み

紫外線の一部と紫外線に限りなく近い見える光なので、紫外線を目に入れている事とあまり差がないと考えられているのです。極端な話をすればパソコンのモニタやテレビを長時間見ることは、ドラマ等でたまに見る血液反応を見分ける為に使われる紫外線を出すブラックライトを目に当てているようなものなのです。

このブルーライトは特にLEDを利用した製品から強く出るという特徴があり、LEDモニタが普及し始めている今では誰もがブルーライトの脅威に晒されているとも言えるのです。

【視力関連記事】
目の仕組みについて – レーシックライン
パソコンやスマートフォンから発せられるブルーライトとは? | JINS PC®

だからと言って過剰に反応するようなことではなく、あくまで「長い時間パソコンのモニタやテレビを見続ける」ような事を続けていると影響が出るのではないか?と言われているもので、ブルーライト自体は光がある所には必ず存在しますし、ブルーライト自体まだ研究が始まったばかりなので、目や身体に悪影響を及ぼすと明確に解っている訳ではありません。

しかし研究結果は影響有りという方向になっているようで、マスコミ等でも取り上げられ対策グッズも市販されるようになってきています。

完全に避けることが出来ないものなので、神経質にならずどうやって付き合っていくかを考えていけば、目への負担も減らすことが出来るでしょう。